スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッターシャツ

主人が亡くなってから、もうずい分カッターシャツを触っていない。
数年前、社会人になった息子は他県に行ってしまったので
彼のカッターシャツに触れることもほとんどない。

主人は技術屋だったので、普段スーツをあまり着なかった。
私は、出張時や友人との飲み会の時の彼のスーツ姿が大好きだった。

主人はブルーのカッターシャツがお気に入りでよく着ていた。
今、思い出しても主人のスーツ姿は本当に格好良かったと思う。

娘も高校生の時、スーツ姿のパパと同じ電車に乗り合わせ
お友達に「○○のお父さん、かっこ良いね~」と言われたと嬉しそうに話していた。

その主人が亡くなってから、私はブルーのカッターシャツフェチ?になってしまった。

外出先でブルーのカッターを着た中年男性を見かけると、
どうしても、ちらちら(遠慮がちに)と見てしまう。
そしてネクタイがトラッド系なら、なおさら目が離せなくなる。

そんな時、きっと「変なおばさん」って思われてるんでしょうが、やめられない。

愛する人を亡くしたら、知らず知らずに面影の似た人を探してしまうらしい。
でも、主人は背が186㎝でがっちりした体型だったので、
そんな中年男性を街中で見かける事は殆んどない。

だからきっと服装の好みで主人の面影を探しているのかなと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

みさ

Author:みさ
6年前に大切な主人を亡くし
人生の道しるべを失いました。
突然おいてきぼりにされ
悲観にくれる日々でした。

今でも、主人との想い出に
逃げ込むこともありますが
立ち止まったりひき返したりしながら歩き始めました。

一男一女をもつアラフィフです。

子供達の幸せを見届けることが
最大の夢であり使命だと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

花時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。